トップ / オーガニック歯磨き粉の成分とは

オーガニック歯磨き粉

オーガニック歯磨き粉の成分とは

オーガニック歯磨き粉商品紹介

いざ、オーガニックの歯磨き粉を普段使いにするにあたり、様々なブランドの商品を試しました。

その結果、辿り着いたのが、この「made of Organics」というブランドでした。
数あるオーガニック認定機関の中でも特に厳しい審査基準を設け、食品と化粧品を同等に審査するオーガニック認定機関の認定を、可能な限り取得しているブランドです。

この歯磨き粉には、人体に害を及ぼす「ラウリル硫酸Na」や「フッ素」といった合成化学物質は一切使用されていません。100%が天然由来成分なのです。

使い心地は一般的な歯磨き粉に比べ、泡立ちが少なめで口当たりが滑らかな感じといえば伝わりやすいでしょうか。

また、オーガニックだからといって、洗浄力が弱いという印象もありませんでした。さっぱりツルツルな洗い上がりは爽快の一言です。

僕が使っているのは、超微粒子のバンブーパウダーとシリカを配合したホワイトニングシリーズです。

他にも、歯ぐき痩せや色のくすみなどの口内トラブルに効果のあるスーパー成分「ドラゴンブラッド」が配合されたドラゴンブラッドシリーズ、アロエベラ配合で虫歯予防に効果のあるオリジナルシリーズなどがあります。

これら3種の歯磨き粉と独自開発のホワイトニング、オーラルケアを目的とした専用歯ブラシとオールラウンドなオリジナル歯ブラシを、用途に応じて組み合わせることで、自らが求める口内環境に近づけることができるのです。

そして、一般的な歯磨き粉では考えられませんが、この「made of Organics」の商品には、なんと使用期限が存在します。販売をする側には少し大変かもしれませんが、保存料や添加物を使用していない100%天然由来成分だからこその「絶対的な安心感」がそこにあるといえます。

© Copyright 歯磨き粉を見直してみよう. All rights reserved.